脱毛の原理について

脱毛の原理は、どのようになっているのかというと、それは、光のエネルギーによって毛の再生力を抑制するという仕組みになっています。黒い色素に吸収されやすいという光の原理を利用していて、毛根は大量のメラニンを含んでいるので、光線を吸収しやすいです。熱により毛乳頭が変質しすることで、毛を生み出すことを出来なくします。脱毛する場合、毛周期が関係しています。毛周期には、成長期、退行期、休止期があり、脱毛に際しては、成長期の毛の毛根に対して光を照射することで毛の再生力を弱らせていきます。脱毛の原理は、毛周期なくして語れません。脱毛は、毛周期に合わせて施術することで、初めて効果が得られます。ただ、レーザー脱毛と光脱毛では、脱毛の原理が少し違います。レーザー脱毛の場合、強い波長のエネルギーで照射します。毛の黒いメラニンだけに反応するので、肌細胞を傷つけることなく脱毛できるのですが、波長の幅が小さく、毛の色によっては効果が期待できません。光脱毛は広域波長の光で脱毛していき、レーザー脱毛と比べて出力に制限があります。光の波長が大きいのでさまざまな毛に反応するメリットがあります。但し、出力が弱いので、レーザー脱毛と比べて効果は弱いです。